彼のヤキモチがキューピット

彼のヤキモチがキューピット
駅の中にある小さな喫茶店でバイトをしていました。
同じくらいの年代の女の子たちが、たくさんバイトしていたので楽しく行っていました。
ホールでウエイトレスをやっていたのですが、キッチン担当のバイトの子が休むことになったので、キッチンに入って食器を洗っていました。

「毎度!」
元気よく食材の配達業者の男の人が入ってきました。
マスターと仲良く話をしています。
「あ!紹介するね。M君。新しく入った配達の子だから」と紹介されました。
日に焼けて真っ黒、がっちり体形に八重歯を見せながら微笑んでいます。
仲良くなるには時間はかかりませんでした。
3つ年上の明るい彼は、配達の度に「今日も可愛いな!」と言って帰っていきます。
どうせ、誰にでも言ってるんだ。
軽いのかな?そう思いながらも彼と話をしているとウキウキして楽しい気分の自分がいることに気付いてしまいました。
好きになっちゃたのかな…。

そんなある日、いつもの様にバイトに行くと彼が配達にやって来ました。
「毎度!あれ?なんか疲れてる?」そう聞かれました。
少し風邪気味だったので「うん。」と答えると「今日はもう早く帰って寝とき!」と優しく言ってくれました。
私はこの後、友達と映画を観に行く約束をしていたので「この後、デートなんだ」というと「…」

いつも明るい彼が無言。
「彼氏によろしくな」と言われ「女の子とだよ!」と言うと「気持ち悪…」と彼が。
気持ち悪い?え?ビックリしている、帰って行ってしまいました。
しばらく経って、バイトに向かっている途中に配達帰りの彼に遭遇しました。
何だか気まずいなと思っていると、急に手を引っ張られ、ぎゅーっと抱きしめられました。
「ずっとこうしたかった!」と。
道の真ん中だし、恥ずかしいとは思いながら、嬉しい気持ちでいっぱいに!!

彼のヤキモチがなければこういう展開にはならなかったと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です