文通を通じての思い出に残る恋愛

中学3年生の時に、初めて女性に対して恋心を抱きました。
その子は同じクラスで身長が高くて成績もよく、笑顔が素敵な明るい性格で誰からも人気がありました。
私ともよく話をしましたが、恋愛対象にはならないだろうと思い、告白することもできませんでした。
やがて高校も別々になり、私は県外の大学へ進学しました。
それでもまだ彼女は私にとってあこがれの存在であり、彼女以外の女性に興味を持つことなどありませんでした。

離れてしまってはもう会うこともないだろうと思いつつ、それならかえって恥をかくこともないと考えて、思い切って彼女に手紙を書きました。
まだ携帯電話やメールなどなかった時代です。
果たして手紙を読んでくれるのか、そして返事をもらうことができるのか、期待と不安で一杯でした。
するとすぐに彼女から返事がきました。

封を開けるまでの間、心臓が爆発するかとおもうほどドキドキしました。
彼女は地元の大学に進学していること、そしてまたいつでも手紙を下さいなどと書かれていて、とても嬉しかったです。
その直後私は訳あって大学を中退し、別の大学を受験するために浪人生活を送ることになりましたが、その際にもお守りを送ってくれたりして、大いに励ましてくれました。

そのおかげもあって無事志望校に合格することもできました。
そして何度か手紙を交換した時に、彼女の方から一緒に飲みに行こうと誘いの言葉があり、電話番号まで記載されていました。
小躍りするほど嬉しかったです。
そして春休みに帰省した際に公衆電話から話をして、一緒に居酒屋に飲みに行きました。
女性との生まれて初めてのデートでした。
彼女も私に負けないくらいお酒が強く、話も弾んでとても楽しいひと時を過ごすことができました。
彼女とはその後数回手紙をやり取りをした後どちらからともなく疎遠になりましたが、一生忘れられない思い出です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です